読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鼻血の正しい止め方

鼻を強くかんだり、ぶつけたり、のぼせたり。
ふとした瞬間に鼻血がでて困ったことが何回もあるかと思います。

そんな時、早く止めるために、鼻にティッシュを詰めて上を向いて止めようとしていませんか。

実はそのやり方は、間違っているのです。

 

鼻にティッシュを詰めて止まるまで待ちます。止まってからティッシュを抜くときに、鼻にティッシュが引っついてしまい、再び血が出てしまったという経験をしたことがあると思います。

また、上を向いて止めるのも危険な方法です。上を向くことで血が喉に流れます。

もし喉で血が固まってしまうと呼吸困難におちいったり、胃で固まると戻してしまうこともあります。

このような理由もあり、上記のような止め方はおすすめできません。

 

では正しい止め方とは

まずは、小鼻をつまみ圧迫し、下を向いて安静にしすることです。
さらに氷などで冷やせるのであれば、より早く止血できます。

間違った止血方法が広まっていますが、もし何かしらで鼻血が出たときは、今度からは正しい方法で止血してください。