読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言語聴覚士のお仕事

当院に併設しているリハビリテーションセンターには、言語聴覚士という職種の方が働いています。
あまり聞き慣れない職種ですので、少し紹介させていただきます。

 

英語では、ST(Speech-Language-Hearing Therapist)と表記します。
アメリカには約15万5千人の言語聴覚士がいるのに対し、日本にはまだ約2万5千人しかいません。

現代社会では、ストレス性による失語症なども増加しており、今後の医療において注目されている職種でもあります。

 

当院では、笑顔で患者さんと接することを基本とし、患者様にコミュニケーションの喜びを感じていただき、笑顔で社会復帰できることを目標に取り組んでいます。

 

言語聴覚士の仕事は、医療機関だけにとどまらず、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活躍しています。言葉や聴こえに問題をもつ方とご家族をやさしく支援していきます。

 

また異業種からの転職が割りと多いのもおもしろい特徴です。

あまり一般的な職種ではないですが、仕事内容に惹かれる方が多いのかもしれません。
様々な職種との関わりが深いので、前職の経験を存分に活かした働き方ができます。

 

やりがいのあるお仕事なので、気になった方は、ぜひ調べてみてください。