読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖房と風邪

もう完全に冬ですね。
そろそろ家でも暖房をつけるようになってきていると思います。

私も少し前に耐えきれずに、暖房をつけました。

 

無理に寒さを我慢すると、風邪をひいたり、免疫力が下がってしまいます。
ですが、そこで単純に暖房だけをつけると、空気が乾燥して喉が痛くなったりしますよね。
暖房は使用方法に注意しないと、身体に悪い影響を与えてしまいます。

その一番の大敵が「乾燥」ですよね。

 

朝までエアコンをつけたままにしてしまうと、お肌も喉もカラカラになり、インフルエンザになる可能性が高くなります。
「インフルエンザ」これだけは、避けたいですよね。

そこで、就寝時は加湿をしなければなりません。

エアコンをつけっぱなしにするのなら、加湿器もつけっぱなしにするのが、理想と言われています。

水をいれたコップや、電気ケトルを部屋に置いてみたりもしましたが、

結果的に加湿器が一番いいです。

 

電気代が気になるところですが、病気になったことを考えると安く済みますし、
健康が一番の財産です!