読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理学療法士と作業療法士

理学療法士作業療法士ってなんか似ているようで、結構違うんです。

その違いを説明していきたいと思います。

 

主にリハビリの分野で幅広く活躍二つの職業であることは共通点ですが、目指している部分の違いが最大の違いでしょうか。

 

理学療法士は、「基本的な体の機能回復のためのリハビリ」を行い、

作業療法士は、「社会適応を目的とした心と体のリハビリ」行います。

 

前者は、身体へ物理的な治療を施すため、スポーツ分野や整形外科で活躍する方が多いです。なのでリハビリでは、寝起き・立ち上がり・歩行等の動作訓練や筋力訓練を行うのが、理学療法士の役目となります。

 

後者は、身体的なリハビリを行いつつ患者さんとコミニュケーションを通して、心理的な負担を軽減することを目的とします。趣味やレクリエーションを通して精神面でのサポートと、支障なく日常生活に復帰できるよう生きがいの支援をするのが、作業療法士の役目となっております。

 

どちらも専門性が高く、やりがいのある職業なのは疑いようがありません。

当院では、上記の2職種共に募集しておりますので、ご興味がありましたら、お問い合わせください。

http://senbokujinnai.jp/